2009年09月06日

発作それと・・。

8月16日

すっかり後ろ足も回復し元気あり食欲ありで過ごしてきましたが、

また恐れていた発作が!!!がく〜(落胆した顔)

Upしてなかった時期も数回、軽い発作がありましたが、
今回は発作の最中に胃液まじりの血も吐いてしまいました。

IMG_1388.jpg

午前中は元気だったので午後から実家の仏様を送っていくのにお留守番
してもらったのです。

今回の発作は帰宅する直前に始まったようだけど、けいれん発作の症状もなく落ち着いていました。

ただお腹に入っているもの全て吐き出し、そして血まで吐いてしまった
のですごく心配。。顔(汗)

発作後は朦朧としているので回復するまで3時間くらいかかるんです。

調子が戻ればこのとおり大好きなヒヅメをガジガジ犬(笑)

IMG_1401.jpg

これで一安心なんですけどねダッシュ(走り出すさま)

6日後の血液検査もこのことがあってか、数値がちょっと…たらーっ(汗)

IMG_1446.jpg

IMG_1444.jpg  IMG_1445.jpg

肝臓の検査もしてもらい少し基準値を超えてしまいましたが、
それほど心配はないということで同じお薬をもらいました。



ニックネーム れんママ at 19:48| Comment(12) | +お知らせ+輝々の病気+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

6月21日 断髪式

後ろ足に穴が開いてしまったので治療の為カラーをすることになり、、

輝々もカラーに慣れて元気に過ごしていますが、
大好きなヒヅメを食べたり、ごはんやお水を飲むときに
耳の飾り毛が汚れてしまうんです顔(汗)

karar.jpg

シャンプーもそうそうできないし、、、

断髪式とは大げさかもしれませんが^^;

飾り毛をカットすることにしましたはさみ

1歳半の時の輝々の耳はほとんど伸びなくてこんな感じ。

kiki1old.jpg


あれからこんなに長く伸びて。。顔(メロメロ)



私はどちらかというと短い方がかわいいって思ってたんだけど


これも輝々の成長の証なのよね。 そう思いながらも思い切ってハサミを入れましたはさみ



いろんな思い出が浮かび涙があふれました顔(泣)

kazarige1.jpg

可愛いプチ袋に入れて取っとくの顔(メロメロ)


ほんとすごく伸びたんだね揺れるハートなのに散切りカットにしちゃってごめんねもうやだ〜(悲しい顔)

ほんとだ!って顔して恋も笑ってる顔(ペロッ)

kikiaftar.jpg

輝々は何されたか分からないのかな? 輝々も笑顔でしたもうやだ〜(悲しい顔)

kikisanpatu.gif


ニックネーム れんママ at 15:13| Comment(6) | +お知らせ+輝々の病気+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

今度は後ろ足が!!!

↑UPが遅れて日付がずれてます^^;


6月16日にバースデー4歳の誕生日を迎え幸せ気分でいたのもつかの間、、

20日の夜、輝々の低反発まくらに鮮血の後が数箇所あったので

もしや??と思い抱き上げて確認してみたら!!!!!


がく〜(落胆した顔)左後ろ足の関節部分に大きな穴が!!!がく〜(落胆した顔)


過去、前足にドーナツ型の穴が開いてしまった時もかなり動揺しましたが、、

過去記事、間違って削除してしまったのかも・・ないよぉ〜バッド(下向き矢印)がく〜(落胆した顔)




夜明日病院に行くことにして

前足の時と↓同じ処置をしました。

傷口の手当て(消毒してバテファリンを穴が隠れるようにふりかける)カット綿を当て半分に切った粘着包帯を巻く。
でも気になってすぐに引っ張って取ってしまうんだよね。。顔(汗)

※画像は数日後のものですが、(足内部に溜まった水と血がこんなにもうやだ〜(悲しい顔)



teate1.jpg  teate2.jpg

消毒液は電解水(AP水)、ベテファリン(外用散剤)

teate3.jpg


病院次の日病院へ行ってみると、先生もこれはかなりヤバイ!って顔をしました。

後ろ足の関節の変形も進み、ちゃんとパットで踏ん張って
歩く事ができません。

そのせいで関節部分に重心がかかることと、またそこに水が溜まって
体と寝具が擦れ床擦れみたいな状態で穴が空いてしまったんです。

※治療の為、写真取る余裕がなかったので分かりづらい説明ですが、
あるサイトさんに同じ症状で頑張っている犬さんがいたので
リンクさせてもらいました。

こちら凸

輝々の足は細く短いし、前足と違い後ろ足は
包帯も巻きづらいし前足よりも完治するのにかなり時間がかるだろうというお話。。


前足の包帯は気にならなくなったのか、引っ張ったりして自分で取って
しまう事はなくなりました。

でも後ろ足の場合、歩きづらく、かなり痛いんでしょう・・
傷口を舐めようと気になってすぐ取ってしまうんです犬(泣)

可哀相だけど、カラーを装着するしかないという事になりました。

前足も包帯、左後ろ足にも包帯、そしてカラーまで…
相当ストレスになるに違いない・・顔(泣)

可哀相だけど、完治させなきゃならないから心を鬼にしなきゃならないんだよね顔(泣)

カラーは1番小さい犬用でも大きすぎるので猫用のカラーになりました。


本当に可哀相すぎです!!

カラーは始め戸惑ってたけど、すぐに慣れてくれましたClap

お留守番の時に大好きなヒヅメが食べれないかな?
とすごく心配だったけど、
流石、好物のヒヅメは器用に押さえて食べれました犬(笑)

エサごはんの時は外す、それと陶器の水入れもノズルに変えました。

寝るときも普通に寝れるので安心しました顔(汗)


輝々、治るまで頑張ろうね!

ニックネーム れんママ at 23:12| Comment(2) | +お知らせ+輝々の病気+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする